photo

「なめら~か」委嘱作品

アルフレッド・リード作曲 サクソフォン四重奏のための『5つのカメオ』
Five Cameos for Saxophone Quartet / Alfred Reed, 2001

  • 1st Mov. Preludium (プレリューディアム)
  • 2nd Mov. Serenade at Twilight (たそがれのセレナード)
  • 3rd Mov. Jota Espagnole (スペインのホタ)
  • 4th Mov. Aria (アリア)
  • 5th Mov. Carolina Cakewalk (カロライナ・ケークウォーク)

自筆譜
自筆譜 第1ページ(部分)

Program Note:

The saxophone quartet is as much a standard performing ensemble in the field of wind music as the string quartet is in traditional chamber music, and its literature, containing both original works as well as transcriptions and arrangements of all kinds, is a very large one.
A cameo is a small, delicate piece of jewelry, and my FIVE CAMEOS FOR SAXOPHONE QUARTET is a suite of five short movements, each one separate and distinct in style, representing the wide variety of moods and musical forms which this combination of instruments can express with utmost effect and conviction.

None of these five little pieces have any connection with each other; each is, in effect, a little tone picture in a form all its own. Yet together, it is hoped, they will make a complete, coherent unit as a single overall work.
Alfred Reed

 サクソフォン四重奏は、伝統的な室内楽における弦楽四重奏と同じくらい、管楽の分野におけるスタンダードといえる演奏形態です。またその作品数は、オリジナル作品および他のあらゆる楽曲からの編曲ものも含め、膨大な数にのぼります。
カメオとは、精巧な細工が施された小さい宝石類のことです。私の『サクソフォン四重奏のための5つのカメオ』は、5つの短い楽章からなる組曲で、それぞれの楽章が、様式的に明確に別々の性格を持ち、この演奏形態が最上の効果と説得力をもって表現しうる、様々な雰囲気と広範囲におよぶ音楽形式を表現しています。
 5つの各楽章は、相互にどの楽章とも何の係わりも持っていません。実質的に、各楽章はそれぞれ全く独自の形式による小さな音画です。それでもしかし、それらが続けて演奏されるとき、5つの楽章は全体でまとまりのある1つの完結した作品として響くことを期待しています。

初演記録

photo 20011014

「サクソフォン・アンサンブル なめら~か」第1回定期演奏会にて
(2001年10月14日 横浜みなとみらい小ホール)

出版情報

本作品は、米Masters Music Publication より出版されています。

出版譜の注文・取り次ぎは株式会社API(リード氏の日本でのマネジメント元)にて可能です。
詳細はこちら(APIのページ)へどうぞ。

また、楽譜店、ネットショップ等でも注文可能です。
SheetMusic Plus(アメリカのウェブ楽譜ショップ)のページはこちら(パート譜スコア

5 cameos 表紙
出版譜・表紙

Thunder's WEB. Home

 サクソフォンアンサンブル・
 なめら~か

メールはこちら

Top Photo
© Shimpei Suzuki